Windows 10評価版の使用期限が迫る

投稿者: | 2015年9月22日

Windows 10ビルド(評価版)の使用期限2015年10月1日が迫っている。

VMwareにWindows 10ビルド(評価版)をインストールしてから約9カ月経過した。

メインで使用しているタワー型PCやノートブックなどは、7月29日の公開日以降にWindows 10にアップグレードを行った。

評価版はほとんど使うことがなく、Office 2016(Technical) Previewをインストールしていたが、

別途VMware上にWindows 10+Office 2016(Technical) Previewの評価環境を作成したためお役御免となった。

改めて、Windows 10ビルドを見直してみた。

 

Windows 10起動時に期限切れのメッセージが表示される(2015年9月22日時点)

Buildは10162

Win10ビルド期限切れ_20150922

 

[詳しい情報]ボタンをクリックしたが、参考になる情報は見当たらず

Win10ビルド期限切れ02_20150922

 

Windows 10の評価版では、Windows 8/8.1のような[タイル]が表示されるスタート画面が継承されていた。

[スタート]アイコンボタン、[電源]アイコンボタン、[すべてのアプリ]アイコンボタンなどWindows 7の機能の復活も。

Windows 10の正式版では、[設定]→[パーソナル設定]→[スタート]→[全画面表示のスタート画面を使う]を[オン]にすれば同じ画面表示になる。

評価版では[オン]が既定で、正式版では[オフ]が既定に設定されているのかもしれない(インストール後に最初に表示される画面から想像)。

Win10ビルド期限切れ03_20150922

 

Windows 10の[設定]→[パーソナル設定]→[スタート]→[全画面表示のスタート画面を使う]を[オン]

パーソナル設定

 

Windows 3.0から使い始めてWindows 10まで来た。

Windows 3.0が1991年の発売だから24年になる。

その前にはMS-DOS3(1984年出荷開始)を使用していたから、約30年になる。

新しいWindows OSが出るたび乗り換え、利用してきた。

この姿勢は今後も続くだろうし、積極的に続けたい。

 

効用と弊害、長所と短所、希望と課題、単純さと複雑さ、デジタル長者とデジタル貧者、提供するものと利用するもの、等々、常に二面性を内包してきた技術・文化だと思う。

ページを改めて、これまでのPC・ワープロ経験そして文化論を書きたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください