Calc 5.2のIFS関数は127ペアまで引数を設定できる

投稿者: | 2016年9月7日

LibreOffice最新バージョンのCalc 5.2でExcel 2016互換のIFS関数がサポートされます。

127ペアまでの引数を指定できます。

IF関数では7レベルまででしたから分岐は最大8個でした。

大幅に条件設定が増大しました。

構文:IFS(論理式1,結果1,論理式2,結果2,……,論理式127、結果127)

 

数式例としては次のようになります。偽の場合の記述がありません。

=IFS(A6>0,”a”,A6<0,”b”,A6=0,”c”)

 

Excel 2016では、次のような数式で偽の場合はそのまま記述します。

=IFS(A6>0,”a”,A6<0,”b”,”c”)

 

Calc 5.2でExcel 2016のような数式を記述すると、[#N/A]エラーを表示します。

また、128以上のペアを設定しても、[#N/A]エラーを表示します。

 

サンプルファイル:IFS関数 (Calc 5.2専用、旧バージョンでは[#NAME?]エラーを表示します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 17 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください