「件名 – お客様のアドビアカウントが間もなく閉鎖されます」というメールが届いた

投稿者: | 2019年7月25日

Adobe <mail@mail.adobe.com>という差出人から上記件名のメールが届きました。

本文は次の通りです。メールでログインを要求する内容はフィッシングメールの手口です。

Adobe IDも記憶にありません。メール本文も脅迫的な内容でフィッシングメールそのものです。

日本語は自然な感じがします。

Adobe詐欺ではない_20190721K

ログインボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

URLはhttps://adobeid-na1.services.adobe.com/……とかなり長いものです。

セキュリティーチェックがかかっていますが、いつもの警告画面にはなりません。

Adobe詐欺ではない3_20190721

これまでなら、メールアドレスとパスワードを入力しログインしますが、ちょっと待て 何か変だぞとの疑問がわきます。今どきメーカーがこのようなメールを送ってくるだろうか。

そこでAdobeのホームページを調べてみたら次のページがありました。

<長期間ご利用のないAdobe IDについて>
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq02142352.html

このページを読むと

<重要なお知らせ Adobeでは、お客様が1年以上ご利用されていないAdobe IDについて、当社のポリシーに則って削除させていただいており、事前にメールにてお客様に通知させていただいています。>

とあります。

通知メールサンプルに差出人が上記のメールアドレスが掲載されており本文は届いた内容になっています。

確かにAdobeから届いたメールです。が、Adobe社のポリシーて何かが分かりません。

また、1年以上確認できないAdobe IDを自分が持っているのかもわかりません(調べても不明)。

どうせ使っていないのなら削除してかまわないということです。

そもそもこのようなメールをフィッシングメールが盛んに届く状況下で送ってくることです。

AmazonやApple、金融機関などをかたるフィッシングメールが頻繁に届きます。

ユーザーの安全を考えるなら内容や方法をもっと工夫すべきでしょう。

安直なメールはフィッシング詐欺を助長します。おそらくこのメールをまねたフィッシングメールも登場することでしょう。

このようなメールが届いた人は、疑わしい場合はクリックせずに削除すべきです。

たとえアカウントが削除されるとしてもメールアドレスとパスワードを盗まれる被害に遭う事よりはいいでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください