Windows 10 Creators Updateを行ったらエラーコード0x80004005が表示されてできない

投稿者: | 2017年6月14日

Windows 10 の最新バージョン1703である Creators UpdateがMicrosoftから4月11日から正式に配信開始されました。

約1カ月経過したので最新バージョンへアップデート(アップグレード)して見ました。

複数のWondows 10をインストールしたパソコンがあるので順次アップデートしているところです。

1台目のパソコンはすんなりアップデートができました。

ところが、妻が使用しているノートパソコンをアップデートしたところ次のようなエラーメッセージが表示されて失敗しました。

[やり直し]を行っても同じ現象が発生してできません。

 

WinUpErroe

 

原因はパソコンにインストールされているESETというセキュリティーソフトです。

ESETはキャノンITソリューションズ株式会社が販売しているセキュリティーソフトです。

1台目のパソコンはバージョンを最新のInternet Security V10.0にアップデートしていました。

しかし2台目のノートパソコンはバージョンが9のままでした。

 

ESETのバージョン9を削除し、最新のバージョン10をインストールしてから再度Windows 10 Creators Updateを行いました。

今度はすんなりアップデートが終了しました。

 

参考資料

Microsoft Windows 10 (Creators Updateを含む)でESET製品を利用する方法、注意事項について

http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/3276?site_domain=default

 

ウイルス対策ソフトがエラーの原因になる場合があります。

使用しているウイルス対策ソフトを最新のバージョンにするとともに、ホームページで情報を確認することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − twelve =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください