Excelの月日入力は注意が必要

投稿者: | 2019年1月2日

Excelの日付入力は年が改まる時には注意が必要です。

2019年1月2日と入力しているならExcelは正しく判断するが、1月2日と入力した場合はどうでしょうか。

図1 2019年1月2日の場合
月日入力01

図2 1月2日の場合
月日入力02

図1、図2の数式バーの日付の表示は同じです。

Excelの月日(時間)表示はコンピューター(パソコン)の時計の情報を利用しています。

図3ではパソコンの日付を変更してから新たにExcelで1月2日と入力した場合の表示ですが、2018/1/2と数式バーには表示されています。

図3 パソコンの時計を意図的に変更した場合
月日入力03

 

作成年の古いデータの利用は注意が必要

Excelで2018年に作成した資料などを2019年に利用する場合、日付データの扱いは注意が必要です。日付の修正や変更・訂正などを行うときには、「年」がその作業を行っている「」になっていることを忘れないようにしましょう。特に日付の入力を月日だけで行っている場合は注意が必要です。

日付の入力を年月日で行うようにすれば思わぬトラブルは避けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 20 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください